特別措置法とは

Pocket

弁護士B型肝炎の特別措置法というのは平成24年の1月13日に施行されたものです。正式名称は特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法となっています。特措法と略されることもあります。こちらはB型肝炎の集団感染の問題を全体的に迅速に解決するために給付金を支給することを法律として約束したものです。また、平成27年の3月には除斥期間を経過した方との和解に関する基本合意書が締結されています。そして、この特措法は平成28年には改正されています。これによって請求期限が延長されており、発症から20年が経過した方に対しても給付金を支給することを約束しています。

B型肝炎ウイルスに感染した被害者の方達は国に対して損害賠償を求めるために集団訴訟をしたのです。その結果として、最高裁では国の責任を認める判断を下しました。その結果として、被害者の方達と国の間で和解についての基本合意書が締結されたために国は本気で対処しようとして法律が制定されたのです。

したがって、B型肝炎の給付金に関しては基本的に法律にしたがって手続きが行われることになります。たとえば給付を受ける際の条件についても明確に法律によって定められています。それを守らなければいけないのです。