給付金を受ける流れ

Pocket

実際に給付金を請求したいならばまずは弁護士に相談をしましょう。訴訟をしなければいけないため、プロに頼むのが無難です。自分で訴訟の準備をすることもできるのですが、あまりメリットはないでしょう。書類に不備があれば認めてもらえない可能性があるからです。

注射弁護士に相談をすると、まずは必要な書類の収集を行うことになります。給付金を受け取るためには自分が感染被害者であることを証明しなければいけないためです。そのためにさまざまな書類を集めます。たとえば、自分がB型肝炎ウイルスに感染していることを証明します。他にも特定期間に集団予防接種を受けていること、母親から感染したのではないこと、集団予防接種以外に感染原因がないことなどを証明する書類を用意するのです。二次感染者の場合も、それが母子感染した結果であることを証明する書類が必要となります。

そして、実際に裁判の手続きをすることになります。給付金請求のための訴状を作成して、証拠ともに裁判所に提出するのです。こちらについては弁護士にすべて任せておけば良いでしょう。最終的には和解が成立して、給付金を受け取れるのです。給付金が振り込まれてきたならば、これによって問題は解決されるでしょう。