給付金を受け取れる

Pocket

それではB型肝炎の給付金とは具体的にどのようなものなのでしょうか。まず、B型肝炎給付金の受給対象には条件があります。それはB型肝炎ウイルスに持続感染していること、満7歳になるまでに集団予防接種を受けたことのあること、またそれが昭和23年7月1日から昭和63年1月27日の間であることです。さらに集団予防接種以外には感染原因がないことも条件となります。また、母子感染してしまった方や感染者の相続人も対象となっています。

実際に給付金を受け取るためには訴訟をしなければいけません。それによってそれぞれの要件を認定していくことになります。一定の証拠があれば認めてもらえるため、通常の訴訟とはかなり異なっています。そのため、弁護士にとっては訴訟の結果を予測しやすくなっています。

お金給付金については病態区分があり、それぞれ決められた金額が支払われます。もし死亡していたり、肝がんや重度の肝硬変になっている場合には3600万円が支払われます。軽度の肝硬変の場合は2500万円です。慢性肝炎の場合は1250万円であり、無症候性キャリアの場合は50万円となっています。

これらに加えて訴訟手当金を受け取ることができます。これは弁護士費用や検査費用です。したがって、弁護士に支払ったり、検査をして確認するためにかかる費用も負担してもらえます